読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

至誠通天

"ネットで知れる"情報から考察した「企業研究」、そして「心のあり方」についてのブログです

企業研究その7 ~スタートトゥデイ~

<ここがポイント!>

店に行かなくても欲しいブランドをワンストップ安心購入

時間、場所、情報量の障壁を取り除いたユーザー目線のオンラインショップ

 

www.starttoday.jp


同社が運営する「ZOZOTOWN」、私の後輩はヘビーユーザーです。

私自身はというと、昔はアパレル企業へ新卒就職しようと思っていた位

だったんですが、今は悲しいくらい衣服への出費が減っているので、

まだお世話になってません(^^;)

 

では特徴を見てみたいと思います。

 

まずはネット上で人気ブランド商品が多数出品されていること。

一昔前の服好きなら週末は街に繰り出し、色々なショップをはしごしながら

買い回ったものですが、ZOZOTOWNは、オンライン上で若者から支持される

人気ブランドをたくさん取り揃えています。

モデルさんがその商品を着ている写真なども豊富にUPされているの着後イメージも

つかみやすいオンラインベストカタログになっています。


だから店舗に行く、商品を探す、知りたい情報を知る等の手間が大幅に短縮できます。

やはり自分の住んでいるところからお店までとなると、場所の制約、時間の制約を

受けます。

加えてそのお店にはないけど、他のショップだったらあるとかなると本当に欲しければ

そこまで行かないといけないというような不便がなくなります。

商品は仕入で自社物流センターにて管理しているので、在庫も一目瞭然ですし、

配送体制もしっかり整っています。


次に商品採寸を自社基準で測り直して掲載をしています。

オンラインショップの一番の懸念点は試着できないが故のサイズ違い。

メーカー毎に自社基準のサイズ決めをしているので、同じサイズ表示でもブランドが

違えば実際は全然大きさが違うことなんてのもよくあります。

そこで同社は自社で各商品を採寸し直して情報をUPしています。(ゾゾサイズ)

なので購入した商品を着てみてサイズ面でのおや?はなくなりますね。


またオンラインショップならではのSNSとの高い親和性は、知人・友人への情報拡散

にもつながり、口コミ販促にも生きてきます。


ビジネスモデルからは少しそれますが、取組で面白いのが福利厚生面。

従業員の6時間勤務を提唱し、ワークライフバランス維持への取り組みを行っている

とのこと。お子さんを持つ女性社員には非常に働きやすい環境ですし、また時間が

限られていることによる生産性の向上にもつながりそうですね。

 

 

<ryoji's idea>

こんなのあったらおもしろいかも・・・(もうやってたらごめんなさい)


完売商品に対する代替商品提案

 気にいって購入したいと思ったら完売という時に、その商品の代替になりうる

 商品を提案。実際の買い物でもよくあるシチュエーションですね。

 購買意欲が失われる前に提案することが重要です。


購入者からの商品評価コメント掲載

 流行ものなので、コメントがたまる前に掲載が終わってしまうかも

 しれませんが。。。その商品がただ売れてるというだけでなく、どの点が

 評価されているのかをコメントもらえることでメーカー側の商品開発の

 役に立つのでは。


コーディネートアドバイス(有料)

 全身写真を添付で送って予算を伝えれば、自分に合いそうな商品提案を

 してくれるのはどうでしょう?

 嗜好性が高いジャンルではありますが、プロにコーディネートしてもらうのは

 ちょっとした芸能人気分を味わえるかも。

 ヘビーユーザーには無料で提供してもいいですね。


ヘアカットアドバイス(有料)

 かなり脱線ですが・・・結構気になるポイントなので。

 ③に付帯するようなサービスなのかもしれませんが、全身のおしゃれを考えると

 ヘアスタイルも結構重要です。ヘアスタイルを提示してもらえれば、その写真を

 もとに行きつけの美容院や床屋でカット/セットできると思います。

 クーポンなんかを発行して提携しても面白いかもしれません。