読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

至誠通天

"ネットで知れる"情報から考察した「企業研究」、そして「心のあり方」についてのブログです

行き詰り

個人的な話ですが、今勤務している企業で、社長不在の際に朝礼での一言を代行して行っています。

 

私は心のあり方が整っていれば、成長曲線に素直にのれていくという考え方なので、

大抵話すテーマはそっち系の話が多いです。

そんな中、今日は以下のような「行き詰り」の話をしました。

 

「人生や仕事に行き詰ったと思った時、行き詰っているのは、あなたの古い固定観念

価値観、行動の仕方を無理やり押し通そうとしているからである。」

 

コンサルタント福島正伸さんが話されていた言葉だそうです。

 

行き詰っているその多くの原因は、過去の経験ややり方に頼っている自分自身にあり、

その考えや見方を改めないといつまで経っても停滞した状態になってしまいます

 

年や経験を重ねてもなお、高みへ行くためには、例え失敗や苦労をしても、どんどん

チャレンジをし、素直に新しい考え方ややり方に適応することが必要です。

 

日々変わり続ける世界で成果を出していくために、常に頭の片隅においておきたい

考え方です。

 

大きな努力で小さな成果を

タイトルは前回もご紹介した鍵山秀三郎さんの言葉です。

 

人は払った努力に対して功を焦りやすいものです。私は特にそうです。

これだけやったのだから、何かしらの成果がないと今までの努力が無駄になる。。。

年齢を重ね、経験を重ねた今の方がもしかすると昔よりのその意識が強いことに

最近気づきました。

 

完全なるエゴです。

何のためにと考えたときに、それが例えば自分が認められるためという内向きの

意識になっている時には、絶対的な見返りを求めています。

だから見返りを得られなかった時には、その期待が裏切られたと感じて卑屈になる、

あるいは勝手に自信を失う、自分を正当化しようとするなど、マイナスのエネルギーを

発電してしまうものです。

 

最近、少しずついろいろな方のお話やあり方について記された著書を読み、

(自分も含めた)みんなのためという意識を持ち、行動できているときは、

いらぬマイナスエネルギーが発生しないことを感じています。

 

目的がみんなのためだから、うまくいかなくても、自分を責めたり、結果に対して

感情的になったりする必要がありません。例え誰かと意見が対立しても、そういう意見

も確かにあるなという、ものの見方にも余裕が出ます。

 

つまり我ではなく周りに意識を向けることが、日々満たされる一つの条件なんですね。

最近、聞いた話で「我」という漢字についてなるほど!という解釈がありました。

「我」という漢字、分解すると「手」に「戈(ほこ)」を持っている様を表していま

す。これは周りに対して戈で威嚇する、敵対して誰も近づけさせないぞという

意味合いになると。

 

些細なことであっても自分一人のためでなく、皆のため、世界のためのいう

心のあり方の積み重ねが、より大きな物事を成し遂げるための一番の近道と感じる

今日この頃です。

企業研究その12 ~ランクアップ~

<ここがポイント!>

肌の美容に関する女性ユーザーの視点を商品化&女性の働き方の提唱

女性としての美しさや理想のワークスタイルを体現!

 

www.manara.jp


たまたまネット検索をしていたら、企業家賞というイベントが掲載されていて、

そこに本日の研究対象のランクアップが表彰されていました。

女性向化粧品を販売している会社なので、男性の私としてはリサーチが難しいかなと

思っていたのですが、とても素晴らしい企業なので思い切って取り上げてみます。

 


それでは早速見ていきましょう!


まずは商品。

ご家庭を持つ働く女性をメインターゲットにしているので、肌年齢の悩みに

対応できるよう、肌に優しいこだわりの成分の化粧品類を製造しています。

男性目線でもなんか肌に良さそう!と感じる特徴は以下の通りです。

①6種類の多様なコラーゲン使用

②肌への浸透にナノカプセル成分を使用

③一般製品に含まれている7つの無添加

 

そして取扱い商品は通販のみで販売しています。

通販はどんな業種でも店舗維持の固定費がかからず、営業場所の制約を受けないのが

メリットです。ただ詳細説明が必要な買い回り品について、対面での接客ができない

のはデメリットになります。同社の取扱商品は一点4000円程度する化粧品なので、

それなりに接客が必要になりそうです。

そこでコールセンターには受注機能のみでなく、相談機能も持たせて丁寧に顧客対応を

行うオペレーションを行っています。

 

さらに商品に対する信用力を補完しているのが、同社のストーリー性です。

商品開発のきっかけが創業者のバリバリキャリアウーマン時代の体験からであり、

同じ境遇の女性には共感しやすく信用力が高くなると思います。

 

そしてキャリアウーマンが抱える就業課題(出産、育児、家事との両立)に関しても

女性ライフイベント目線に立った労務設計を積極的に取り組まれているので、

従業員の方のロイヤリティも高く、それがまた商品の安心感につながっています。

HPにもその想いはしっかりと伝えられていますので是非覗いてみてください。

 

またPRを月最低2~3本のペースで積極的に行っているので、会社としての認知度

UPにもつながっていると思います。新商品、各種取組、受賞などがその主です。

 

 

いろいろな企業を研究していて思うのですが、企業の成長が従業員のモチベーションに

支えられている企業は、こちらとしても応援したくなりますしファンになります。

ご縁があれば商品やサービスを購入することもいずれあるかと思います。

同社はまさにこの形に沿っているお手本のような企業ですね。

 

逆に、従業員の労働力を搾取するような形で事業を大きくしていこうとする企業は

やはりひずみがでてきますし、ちょっと心配になります。

店舗を持っている企業であれば、従業員の接客対応や清潔感、通販をしている企業で

あれば、梱包やフォロー対応(ex.メール等)にその辺が見えてくることが多いです。

従業員を大切にできない企業は長期目線で見るといずれは淘汰されるのが当然かなと

思います。

 


<ryoji's idea>

こんなのあったらおもしろいかも・・・(もうやってたらごめんなさい)


アンチエイジング食品の取扱

一口にアンチエイジングの食品といっても色々なジャンルがあるかと思いますが、

ただ肌の美しさや健康という観点から考えると、内面からのアプローチがあると

いいかなと思います。

すでに化粧品を購入されているユーザーであればすんなり受け入れてくれるのでは。

 

美肌エデュケーションキャラバン

実店舗を持たないので、顧客のリアルな使い方や肌の状態、知識はコールセンター

頼みになるかなと思います。情報発信もWEBやメール経由が主になります。

なので顧客と触れ合える場の提供があると良いのではと。

顧客がたくさん集まる場は、実演やPRもできますし、他の顧客のやり取りを聞いて

顧客自身が気づきを得たり、顧客同士のコミュニティを作ることもできます。

また大勢がいるならではの今後のヒントになるような意見も聞けるかもしれませんね。

企業研究その11 ~幼児活動研究会~

<ここがポイント!>

既存幼稚園/保育園で実施困難な心身指導をアドオン

少子高齢化に伴い、入園児獲得の園の競争力を強化!

 

幼児活動研究会株式会社

 

少子高齢化が世界一進んでいるといっても過言ではない日本。

この極端な状況は避けられない社会問題となってはいますが、それ故に

ビジネスの視点からすると、ニーズが顕在化しやすい業界ですので、

今後もいろいろなサービスが出てきそうですね。

 

 

それでは幼児活動研究会の特徴を見てみましょう!

 

一番のインパクトは幼稚園/保育園への体育講師派遣を行っていることです。

ちょっと前に恐ろしく運動ができるヨコミネ式教育法が話題になっていましたが

そこまでとは言わなくても、自前でやろうと思ったら大変です。

ただでさえ、保育士の方々はやることがたくさんあり、また人員不足ですので

とてもでないですが、そこまで手がまわりません。

 

それでもこのニーズが発生する理由は、毎年の園児の安定確保にあります。

幼児活動研究会はプロの体育講師を自前で養成し、クライアントの園に

派遣することで、園児の運動能力を小学校低学年レベルまで上げるのです。

園児からすると、運動ができるようになる楽しみで園に通うのが楽しみに

なる子が増えるでしょうし、親御さんにとってもうれしい限りです。

結果として地域で話題になり、口コミにより入園希望者が増えるという

構図ができます。他幼稚園・保育園との差別化に優位に立てますね。

 

 

そしてそして、もっと運動能力を高めたい園児向けに課外カリキュラムを

用意しています。場所は時間外となった園施設をそのまま活用しています。

保護者にとって、子供の早期発育を促進することは、その後の習い事に

おいても、適用スピードを格段に短縮できるので、子供に自信をつけさせる

上でも魅力的なプログラムとなっています。

 

 

続いて挨拶と礼儀正しい行いをしっかり指導することも行っています。

保護者との関係性の中で、保育士さんがしつけの一環でいろいろと指導を

行うというのは、難しい時代になってきているように思います。

その中で、派遣された指導員という立場で、園児にしっかりしつけを行う事で

結果として、礼儀正しい園児を育てることにつながっています。

 

 

また幼稚園、保育園向けの経営コンサルティングも行っています。

直営園を実際に経営し、そこで得られたノウハウを、契約している園に対して

提供しているのです。経営という観点でのノウハウを持たない幼稚園/保育園が

案外多いようで、今後、こちらの事業も拡大していくのではないかと思います。

 

いやぁ、園児教育もいろいろと考えるポイントがありますねぇ。。。

 


<ryoji's idea>

こんなのあったらおもしろいかも・・・(もうやってたらごめんなさい)


園児の地域ボランティア活動企画運営

挨拶や礼儀正しい行動の一環として、例えば高齢者施設で訪問をしたり

街の美化活動を行う事で地域に根付いた共生の大切さをを園児に感じてもらう。

またそれを体現している園としてのブランド力が高まるのではと思います。

目線を変えて

8月末に5日間ほど遅めの夏休みを取りました。

 

企業研究や書籍による自己探求を過ごす日々を送っているわけなのですが、せっかく

家族との時間をとれるということもあり、思い切って子供達と遊びまくりました。

そのお蔭で、自分一人ではまず行かないであろうスポットに行きました。

 

その中でもヒットだったのはお台場にある日本科学未来館

10月初めまで企画展として開催している「The Ninja -忍者ってナンジャ?-」を

お目当てに息子二人を連れてGO!

www.fujitv.co.jp

 

夏休み最後の平日ということもあり、かなり空いてて快適でした。

 

体を使ったアトラクション的なものが複数あり、子供たちは純粋に楽しむ一方で、

春先にも三重県にある伊賀流忍者博物館を訪れていたこともあり、私自身は当時の

忍者の生き様に再度思いを馳せていました。

 

現在のように情報が家で座りながら取れない時代に、命を掛けて敵方に忍び込み、

情報取得や諜報活動を行いつつ日々を生きた彼らは、様々な知恵をもち、また崇高な

精神性をもっていたようです。

 

例えば空を見て2,3日先の天気を予測して行動計画を立てたり、薬を自分で作ったり、

五感を鍛え並々ならぬ集中力を保持したり。。。生命力が尋常じゃないです。

 

つい400年前まではそんな生活をしていた先祖が、この日本にいたんだなぁと。

 

派手な忍術で敵を攪乱する、かっこいいイメージが強い忍者ですが、実際には日々の

生活のために百姓仕事を兼業したりもしていたようです。

それでも自国のために命を賭して真摯に生き抜いたその生き様に触れられ、今、常に

使命を探している自分にとって、目先を変えさせてくれた一日でした。

 

まずは目の前のできることを真摯にコツコツと。

ここで書いた内容が、誰かのちょっとした役に立つことを願って。

また次回から企業研究を行っていきたいと思います。

 

企業研究その10 ~ツルハホールディングス~

<ここがポイント!>

M&Aを絡めた多店舗出店による規模の経済で事業拡大

消費者の視認性を高め、商品価格競争力でエリアに浸透

 

www.tsuruha-hd.co.jp


私の地元、千葉では"くすりの福太郎"を展開しているので、非常に馴染みがあります。

医薬品だけでなく、飲食料品なども取り扱っているので結構お世話になっています。

(結構リーズナブルなんですよね。)

 


ではでは特徴を見ていきましょう!


まずはドミナントエリア戦略に基づく出店戦略。

ドミナント戦略は、シェア独占をするために同一商圏内で出店を複数行うことですが、

顧客からすると店舗の認知が高まります。

あっ、ここにも!って感じで印象に残ります。

人間が持つ、違和感や不明なものを理解しようとする習性を生かしています。

また同一エリアに店が固まることにより配送に関する効率が高まります。

来店客の特性は同一エリアで似通る関係から、取扱商品もある程度特定できるので

管理がしやすくなります。

 

また在庫に関しては大きくエリア内で管理することができれば、店舗で保管する量も

最小化できます。店舗の多いエリアであれば倉庫を持ち、そこで在庫管理という手も

ありますね。

M&Aで規模を拡大していますが、基本的にはこの方針に沿った展開をしている企業を

買収しているのではないかなと思います。

 


そして、グループが大きいことによる仕入交渉力の強さ。

仕入量が多いので、取引先からのボリュームディスカウントが効きやすくなります。

結果として、多店よりも安く販売しても利益が確保できるため、消費者サイドとしても

魅力的です。

買収による店舗数が増えれば増えるほど、この部分は強くなりますね。


次にプライベートブランドの展開拡大による商品力の向上。

現状では地域でかなりそれぞれの店舗が認知されていかと思います。

そんな中、推進しているのがプライベートブランド(自社開発商品)。

ツルハグループでは"M's one"というブランドを開発しています。

一般的にプライベートブランドは消費者にとっては価格が安くなり、企業側としては

粗利益率が高くなりますので、今後も開発には力を入れていくのではと思います。

ツルハグループは、複数のチェーン店を持っていますし、先ほどの価格競争力による

集客力があるので、そこでプライベートブランドがあるのは更に顧客誘引力が

高まります。


そもそもこの業界は、これからの日本の大きな課題となっている高齢化社会に絡む

部分が大きいので、今後、介護・医療分野ニーズへ多種なサービスを提供していく

ことで、更に成長する業界だと思います。

 

<ryoji's idea>

こんなのあったらおもしろいかも・・・(もうやってたらごめんなさい)


①生鮮食品取扱スーパー買収による提供力拡大

 基本的に医薬品は病気になってから、症状が出てから購入するケースが多いので

 予防的に購入することはないパターンが多いかと思います。

 つまり日用品っぽくて日用品になり切れていないジャンルなので、日用品の最たる

 形態をもつスーパーと組めるとついで買いが起き易く面白いのではと。

 その中でも高齢者や病人向けを意識した品揃えができると、また大手スーパーと

 差別化できそうです。


②ネット販売組み合わせ(O2O戦略)

 薬事法にネット販売を盛り込むかどうか、以前かなり議論になっていましたが、

 現在はその制度が整備され、認可制で行えるようになっています。

 今後の時代の流れを考慮すると、オンライン(WEB)とオフライン(店舗)の

 組み合わせ戦略は積極的に取り組んでいくべきかと思います。

 私たち消費者が欲しい情報は、商品それぞれのもっと詳しい効能だったり、

 初めての医薬品であれば、どれが消費者に支持されているか等は気になるところ

 ですし、予め情報があるとありがたい部分です。

 また、パート・アルバイトを現場で有効活用しているのであれば、現場での情報量

 不足を補完する上でもネット情報は今後重要になってくると思います。

3つの幸せ

最近、イエローハットの創業者の鍵山秀三郎さんの書籍を読みました。

 

鍵山さんは前述に加えて、掃除に通じて心を磨くことに関する講演会や活動を

なされています。

 

日頃自分が何気なく使っているものを掃除することにより、そのものに対する

感謝の気持ちや大切に使う気持ちが芽生え、それが人に対する接し方や振る舞い

に良い影響を与えてくれます。

 

私も自宅で少しずつ水回りのちょっとした手入れを毎日するようになりましたが、

まだまだ心が込め切れているかというと、? という感じです。

それでも毎日きれいにできていることは、それだけでも気持ちがいいものです。

 

さてさて話は戻りますが、その書籍の中にはいい教えがたくさんありました。

その中で今日は「3つの幸せ」を紹介したいと思います。

 

早速ですが、1つ目の幸せ。それは「してもらう幸せ」。

「いただく幸せ」と置き換えてもいいかもしれません。

子供のうちは親や周囲の人からたくさんの愛情を教えを与えられて育ちます。

見返りをもとめられない物がほとんどですから、大変ありがたいことですし、

幸せなことです。

 

2つ目は「できる幸せ」。

様々な場面で自立して、自分の力で完結できるようになることです。

最たるものは仕事ですよね。サポートなして自分一人でできるようになった

時に人は成長を感じることができますよね。

「成長できる幸せ」とも捉えることができます。

 

最後が「してあげる幸せ」。

自分ができることを人のためにしてあげられること。

1つめのしてもらった幸せの貯金を、他のひとへお返しする幸せとも言えますね。

自分の力で誰かを幸せにする。これは「してもらう幸せ」の逆バージョンです。

ただこの幸せは他の幸せと違って、そこでは終わないケースが多い。

してあげた相手から「感謝」+α のプレゼントをいただくことがあります。

もちろんプレゼントをもらえるからということではなく、その人のためという精神が

大事というのは言うまでもありません。

 

いただいたものを自分だけにとどめず、循環させていく一人として行動することが

大切です。

 

私のものはみんなのものの精神で行動すると、欲しいものをいただける流れを

引き寄せることができるということですね。日々、励みたいものです。